フルーツトマトとモッツァレラチーズのブリオッシュサンド@ラウンジ.喜瀬別邸

フルーツトマトとモッツァレラチーズのブリオッシュサンドをいただく。

いよいよ帰京日。出発時間前の少しの時間で軽食のサンドイッチ。
ブリオッシュだけにちょっとパンがリッチにバターたっぷり。ここのパンは美味しいのだけど、どれもバター多めでカロリーは高そう。素朴なパンはあまり見ない。どうしてだろうな?
トマトも美味しいし、チーズも良い。ならば、合わさるともっと美味しい。食べてると変化が少なくて飽きてきそうだが、それはやむを得ないか。

Evernoteのリアルなノートが発売されるみたい。緑色が綺麗でちょっと欲しくなったなぁ。
アメリカからの送料がかかるらしいので、ちょっと悩ましいが、$69だし1年間のプレミアムライセンス付きだとすれば妥協出来る範囲かな。

ブリーサンド@東京バックハウス

ブリーサンドをいただく。

JRの敷地内に出店するブランドらしい。なかなかハード系で美味しいパンは出せないものだけど、まずまずかな。
とは言え行列店になるものでは全くない。駅構内のフードコートとしては、なかなか良いパンを出しているという事。ファストフードよりちょっぴり大人っぽい気がする。そんなお店。
フードコートとは言え、パンのお店では飲み物を一切出さないというのも面倒だ。中にはCafeも有るのでそちらでと言う事らしい。いや、二回精算するのが面倒なのだよ。

ロースカツサンド@UCCカフェプラザ

ロースカツサンドをいただく。

近所でサクッと食べて済ます。うーん、やはり万世のカツって旨いんだなと実感。その代わりコーヒーはきちんと苦みと深みのある味だな。
しかし、この珈琲店ブランド一覧は読めば読むほど、それぞれの違いがまったく謎。どうしてこんなにバラバラなんだろう??

ついに赤プリ閉館か。バブルの頃はあこがれのタワーだっただけに、それが無くなるというのはその時代が過ぎ去っていった感を強く感じるな。
老朽化による収益悪化と発表されているが、リニューアルでまだまだ十分使っていけるはず。本当の目的は、デザイン優先過ぎて使いづらいこの建物を建て替えたいのだろうな。
有名な建造物だけに、そう易々と取り壊す事が出来ない事への配慮なのだろう。

ローストチキンサンド@サブウェイ

DSC02788

ローストチキンサンドをいただく。

サブウェイで初めて野菜増量をお願いしてみた。ちょびっとだけ増えた気がする。無料で出来る事が案外知られていないのか、頼んでいる人は私の前には居なかった。私が頼んでいるのを見た後ろのおばさんが、「それ無料なの?」の台詞と共にチャレンジ。以後何名も野菜増量をオーダーしてた。
野菜は人気だね。でも、もっと増量して貰えると思ってたのにな。残念。

この時期こんな書籍が店頭に並ぶ。

しかし、綺麗に作ってるな。うーん、創作意欲が沸いてしまう・・・
まずはMUJIのクッキーでも焼くか。

サンドイッチセットB@パークハイアット東京 デリカテッセン

DSC02438

サンドイッチセットをいただく。

今日のメニューはホールウィートサンドでコットハムと海苔、モントレージャックチーズ ゴマ風味。
冷えていてもパンが美味しい。しかしチーズに海苔は意外だな。でもおいしい。
安くはないが、値段の割には結構良いと思う。
もう、12時10分には満席になった。さすが人気店だ、早く来ないとなかなか席が取れないな。

こんなスゴイアニメが自主制作出来ちゃうのか。道具の発達も有ったからだろうけど、描画についてはセンス良いな。

ロースカツサンド@UCCカフェプラザ

DSC02478

ロースカツサンドをいただく。

カツサンドは、肉が軟らかく仕上がっていて厚みは押さえられているものの、トーストしたサンドと良いバランスになっている。
ここはコーヒーを一杯ずつ淹れるので、美味しいから好き。しかし、分煙が無いのが残念なところ。

プレゼンテーションは褒められるほど上手ではない。いろいろなメソッドはあるのだけど、やはりこの本が役に立ちそうだ。勉強してみないと・・・

ツナと野菜のカンパーニュサンド@ドトールコーヒー

DSC02453

ツナと野菜のカンパーニュサンドをいただく。

プロヴァンス風ソースとしてタプナードソースを使っている。知らなかったな、この名前。とは言えアンチョビとか入ってて、結構好みが分かれそう。キライじゃないけど、好きって部類に入るかは微妙だな。

世の中の新たなサービスと言うものも、時にはよく分からないものが出てくる。
ビキニ酒店
最初オンラインだということを見過ごしてしまい、とても勘違いしてしまった。しかし、オンラインであれば余計に分からない。安さを売りにした方が売れるのではないか?と思ってしまう。