黒毛和牛の和風ステーキ@B&M151A

DSC03160

黒毛和牛の和風ステーキをいただく。

A3等級だけど、味はいい。前回は200gの肉で食べ飽きたので、このメニューなら100gと野菜がたっぷり。もうちょいお肉がほしいと思うけど、それぐらいで良いんだよな。

銀座にめざマルシェができたらしい。行ってみようかと思ったけど、結構グダグダ運営みたい。ビルは上に長い割りにエスカレータも無くエレベータのみ。とても客がまわらないとか。何より商品は高速のSAとかにありそうなものばかり。あらら?

ごちそうツナバーガー マグロのフリッター薫るブイヤベース仕立て@MOS

DSC03017

ごちそうツナバーガー マグロのフリッター薫るブイヤベース仕立てをいただく。

ってタイトル長すぎ。結局店ではツナバーガー・ブイヤベースとかで呼んでた。あたりまえか。肝心の味は、やっぱり鮪って生が一番美味しい。火を通すほどにパサパサしてしまう。とは言え、鮪をファーストフードで使うなんてチャレンジャーだな。ちなみに、味としては生姜醤油の方が美味しいようです。ブイヤベースはあまり個性が無い感じです。

公設派遣村で就職支援費として、一括2万円を払ったら結構な人がパチンコに直行してたとか。きちんとお金の使い方を学校や親が全く教えないからこんな事になるのだと思う。そして自分をコントロールできない人に、日頃持つことのない大金を渡しちゃいけないと思う。
つか、話を最初に戻せばパチンコ屋がそもそも要らない。こんなに施設ギャンブル場が待ちのあちこちにあるなんておかしすぎるよ。

かにすき

かにすきをいただく。

今日は押しかけたので画像無し。
やっぱり蟹って鍋にするより、きちんとボイルしてもらった方が美味しいかも。鮮度が重要な素材だよな。

マクドナルドで新しい「ビッグアメリカ」シリーズが先行発売中。目新しいけど、パティはクォーターパウンダーだけに、味はどうしてもいままでと変えづらいかもな。ネットでも色々記事が出てるので、それを見て楽しむだけにしよーっと。

チキンタツタ@マクドナルド

DSC02948

チキンタツタをいただく。

期間限定の再復活にようやくチャレンジ。とは言え、終わりが明記されてないのはしばらく続くからなのかな?まぁ、また食べられればそれで良し。食べられなくても、またいつかあるだろう。ウェンディーズじゃ無いのだし。

なにかと話題にも上らなくなったレコード大賞。新人賞には疑惑が出てくるのね。まぁ、正直どうでもいい気がするけど・・・

おじや

DSC02944

おじやをいただく。

あり合わせでお腹に優しそうなものを。とは言え、おかわりできるくらい食べてる。ようやく復活途上かな?日常生活は普通に送れるようになったよ。

スパコンをバッサリ切り落とした蓮舫が、マジコン騒動を起こすとはね。世の中それだけマジコンが普及してるのね。

うどん

DSC02942

うどんをいただく。

今日も全部は食べられなかったな。だいぶ良くはなってきたのだけど。うーんうーん。

これほどに食べてないのに、下痢なのに、体重は大して減らない。水分をキッチリ補給しているからなのか、1kg減。忘年会シーズンで太った分をようやく取り戻した感じ。やっぱ元気なんだろうな。

うどん

DSC02937

うどんをいただく。

せっかく取ったうどんだけど、凄く体調悪くて貧血まで出してしまって、3本くらいしか食べられなかった。うーん、もったいない。

結局病院に行ったら、それほど酷い下痢ではないと判明。触診しても、大した炎症は無いらしい。とは言え下痢は続く。過敏性腸症候群なのかな?

牡丹@銀座アスター

DSC02927

牡丹をいただく。

これはランチセットの中の一品。フィレ肉の角切りステーキなのだけど、随分味付けてるな。中華だから、シンプルな肉だけというわけにはいかないのか。まぁ美味しいから良いけどね。

無線WEBカメラロボットが発売とな。なんとも、昔の時代から見れば夢のようなものだな。とは言え、楽しそうだけど使いづらそうなのが、斬新すぎる商品の弱点だ。

ブリの照り焼き

DSC02910

ブリの照り焼きをいただく。

脂の乗りが程々でこれくらいのが好きだな。もうちょっと味は濃い方が好きだけどね。

ゼルダの伝説 大地の汽笛が結構面白い。今時のイージープレイに合わせて移動手段はレールが敷かれている機関車がメイン。行き先に悩むことも少ないし楽だな。ダンジョンも程々の難しさで、軽快に楽しめて良い感じだな。

うどん

DSC02909

今日は社食もクリスマスメニューだっただけに、逆に食べたいものが無かったな。まさか、会社でフライドチキンを選んでも、ご飯とは合わなさそうだし、他に良い組み合わせの物ないし選べない。なにより、もうチキンは家で結構食べちゃったしね。

ホリエモンはライブドアに208億円余を支払うんだ。うーん、個人の金額としては想像できないな。そう言う桁を個人で取り扱うとは。全くもってマネーゲームは恐ろしいが、その分だけ人が寄りつく訳だなぁ。